【COLUMN】「食」を仕事にするために取り組んだ5つのこと

「どうやってこの仕事に就いたんですか」と聞かれることがよくあります。

「料理の専門学校に行っていたんですか」

「レストランで働いていたんですか」

……どちらもNOです。

 

もともとは、美容の専門学校を出て、5年程デパートの美容部員をしていました。

ブランドはランコム。今でもランコムのアイテムは大好きです!

 

全然違う職種に挑戦するって勇気がいりますよね。

ちなみに忘れもしない、退社後に一番最初にぶち当たった壁は、PCを使いこなせないことでした(笑)

PCを使いこなせないと接客販売以外の仕事はほぼNGで、絶望したのを覚えています。

今では笑い話ですが、私のスタートラインはそんなどん底のスキルからだったのです。

 

当時から食べることが大好きだったので、

その後、「食」の仕事でフリーで働けるようになりたいな〜とぼんやりと意識し始めたのですが、

今回はそこから私が取り組んだことを思い出してみました。

 

 

 

1. クックパッドにレシピを投稿する

今思い返すと私のレシピ作りの始まりはここから。

レシピってどうやって作るんだろ、と疑問に思い、

まずはクックパッドでIDを取得し、自分で作ったレシピを載せてみました。

今まで適当に入れていたお醤油の分量を大さじ小さじで調整し、

お肉や野菜もグラムまで量って記載しました。

そしてわかりやすいように、行程の写真も細かく入れました。

そしたら毎日のように「つくれぽ」が届くんです。

「つくれぽ」とは、自分のレシピを試した人がおいしくできたよ!と報告してくれるシステム。

当時の私はこれがモチベーションで、

自分にもレシピ作りができるんだ! と、自信に繋がったのを覚えています。

 

 

2.ブログを書く

さて、クックパッドに投稿したレシピは、

当時やっていたアメブロにリンクを付けて拡散しました。

料理の写真と、こんな栄養があるよ、こんなシーンにオススメだよ……などを

ブログに書き綴って、最後にクックパッドのレシピのURLを貼り付けます。

この頃から、文章を書くのが好きだったこともあり、

いつかこんなお料理のコラムが書けたらいいな、と密かにイメージしていました。

 

ちなみに、この時まだPC操作に自信がなかったので、

あえてブログはPCから更新すると決めて、タイピング練習をしていました。

一石二鳥です。

ここでやっとタイピングが人並みにこなせるようになりました(笑)

 

 

3.料理家さんのアシスタントをする

これは、できるなら絶対にやっておいた方がいいと思います。

最初は、和食や洋食の料理教室にコースで通いたいな、と思っていたのですが、

通う期間も長いし、お金も高い。

それなら、料理教室のアシスタントをしたら、同じことが学べるんじゃないか!

と思い立ったんです。

そんなときに、いつもブログを拝読していた料理家さんがアシスタント募集をしている記事を発見。

即メールして、即テスト日があり、即決まり!

結局独立するまで、3年程続けましたが、本当にいい経験をさせていただきました。

 

やっぱり現場で学べるものがあればそれに越したことはないです。

お料理教室に通うのも全然アリだと思いますが、やっぱりそこはお客様として扱われます。

アシスタントをしていたら、料理のノウハウ以外のことである、

仕込み、後片付け、撮影の準備、段取りなど、とにかく裏方の地味な作業が多い。

体力勝負でとにかくハード。

終わった頃には毎回放心状態になるほど疲れ果てていました(笑)

実際仕事にするとそんな地味な作業が8割です。

本気で勉強したいなら、現場で身につけるのがベストだと思います。

 

4.発信する

これは、2のブログを書くことと少し内容がかぶりますが、

まずは、周りの人たちに、

「私、今はランコムを辞めて、食の世界に進出していますよ」ということを知ってもらう必要があります。

当時はInstagramよりも、Facebookが主流だったので、

こんな料理を作りました、アシスタントを始めました……と、

何かネタができる度に投稿していました。

そうすると、友達や昔仕事で関わったことのある人から、

「レシピ書ける人を探しているんだけど、できる?」

「ケータリングとかできる?」とお声がかかるようになります。

更には、

「レシピコラム書けたりする?」というお声がけまで!

それそれ! 私のやりたいことです! と興奮しながら、

今まで書いていたブログを読んでもらい、

クックパッドに投稿したレシピなどでアピール。

そしたら写真も綺麗だから、写真も一緒に納品できる?

となり、結果、レシピコラムを書くという仕事をひとつ手に入れました

(ここで重要なのが、ブログや書き溜めていたレシピなど既にアピールできるものを作っておくこと。)

 

そのレシピコラムが公開されたら、またFacebookを更新し、

「最近はこんな仕事をしています」の投稿を繰り返していくのです。

今だとInstagramがあるので、自分の作った料理や世界観をアピールしやすいですよね。

SNSは絶対に真剣に取り組んでおいた方がいいです。

 

 

5.とにかく毎日おいしいものを食べる

これは一番簡単で楽しいことですね!

「食」の世界と言ってもかなり幅広いです。

興味のある料理を自分で作ってみるも良し、レストランに食べに行くも良し、

ちょっと高級なスーパーに行って食材探しをするも良し。

私は旅行が好きなので、旅先でもおいしいものに出会えたら、

日本に戻ってレシピにしてみよう! とそれもまた楽しみになります。

とにかく自分の興味のあることを絶えず刺激してあげること

いつか絶対に仕事のヒントになります。

 

 

この記事を書きながら、数年前の自分を思い出して、

そういえばあの時必死にこんなことしていたな、

と自分自身を振り返るきっかけにもなりました。

今、この時代に、自分のスキルを磨くツール、アピールするツールはたくさんあります。

まずはひとつでもいいので何か始めてみることをオススメします。

食べることは楽しいこと

私もこれからも「食」でたくさんのハッピーを届けていきたいと思います!