「LIFE IS BEAUTIFUL!」

…このセリフを恥ずかしげもなく声に出したことがある。

それは昨年、スリランカへ向かおうと成田空港へ到着したとき。

一緒に行く友達と空港で落ち合い、これから始まる未知の世界への旅に、興奮する気持ちを抑えきれなかったのだ。

 

「だって!」と声を大にして言い訳をさせてもらえば、

ここに辿り着くまでの数日間、旅行中の穴埋めをすべく仕事の山に埋もれ、

旅行後に進むプロジェクトの打ち合わせをこなし、

締切を控えたレシピ記事を黙々と書き続け、

夜中に軽くうたた寝したのち、明け方にパッキングをして慌てて家を出てきたのだから。

 

それほど時間に追い込まれたここ数日を思うと、それを乗り越えた先に旅行という最高のご褒美が待っていて、

この「時間を捻出している感」が、より旅行を素晴らしいものにすると私は思っている。

 

そのおかげで、とも言うのか、出発当日の朝にパッキングをするのは私にとっては当たり前で、

そのスピードはなかなかのものだし、それでも大きな忘れ物だってしたことはない。

(自慢できることでもないか…)

 

そんな追い詰められた状況から解放された成田空港で、

「LIFE IS BEAUTIFUL!」と口走ってしまうのもわかっていただけたであろう。

(もちろんその場でも爆笑、今思い出してもなかなか恥ずかしい笑)

 

とにもかくにも、私にとって旅行は仕事を頑張った自分への最高のご褒美。

そして、これから過ごす機内の時間はやっと訪れた休息時間。

ぼーっと思考を巡らせ、穏やかな時間が流れ、これから見る初めての景色を想うだけで、じわじわと幸せが込み上げてくる。

忙しさのせいで自分の中で揺れていた大きな波が、やっと穏やかなさざ波になっていく…この時間が最高に幸せ!

 

働き盛りの人たちの旅行はみんなこんなものだろう。そして、これもまた旅行を楽しむ為の大切な要素のひとつだと思う。

仕事ではなくても家事や育児を頑張っている人もまた然り。

 

30代になった今、仕事も旅行ももう少しゆとりを持って行動していきたいものだけど、こうやって日々のやるべきことを乗り越えた先にある旅行だからより一層楽しいのだと。

 

帰国すれば、また慌ただしい日常が待っているけど、帰国後の私はパワーアップしているんだから、ヨユー!なはず。

 

今日もまた、目の前の仕事に向き合いながら、次の旅行先の妄想を楽しんでいる。

次の「LIFE IS BEAUTIFUL!」はいつかなぁ♪